« 大騒ぎなごみの日。 | トップページ | 童謡に突っ込み・第2弾♪ »

2007年4月17日 (火)

童謡に突っ込む?!

今、童謡のCDを聴いています♪
少し前に本屋さんに寄ったらちょうど育児系のコーナーが作られていて、そこにあったテレビで童謡のDVDが流れていました。
幼稚園くらいの子供と一緒に身体を使いながら歌うというものでしが、見ていたらこれが結構面白い!
まずテンションの高いお姉さんが女の子と一緒に踊っているのですが、この女の子のテンションがこれまた驚くほど低くて(笑)
てきぱきと笑顔で踊りまくるお姉さんの隣で手を上げるのもだるそうな表情でだるだる〜と踊る女の子。
あまりのギャップに爆笑してしまいました
そもそもこれって子供のためにやっているんだよね?
なのに肝心の子供が楽しめないのではどうなんだろう(笑)

それをしばらくの間見ていてかなりツボに嵌ってちょっくら買ってみようかと思いました。
なんだかブルーなときにこれ見るとテンションが上がるかもしれない!
でも収録されている曲に今時の曲が多く、昭和の人間の私には馴染みが薄かったのでもうちょっとベタな昔からある童謡のほうがいいかなと思って、結局そのブックDVDは買いませんでした。

それからあちらこちらのCDショップに寄るたびに童謡のCDを見ていたのですが、昨日思い切ってヤマハに行ったときに購入!
2枚組でなかなか良さそうな選曲です☆

早速それを今聴いているのですが、童謡ってかなり面白いですね〜!
今更ながら童謡の怪しい魅力に嵌ってしまったようです。
そもそも、歌詞が面白い。
何番か歌詞が続いているものでも、どれも基本的にオチがないんですね。
何かハプニングやら問題が起こっても結局解決せずに終わるという。
子供のころにはそんな歌詞に何の疑問も持ちませんでしたが、すっかり大人になった今聴くと
「そのまま終わりかいっ!」
と突っ込まずにはいられません。

例えば「犬のおまわりさん」。
さあ、みなさんも古い記憶を思い出してくださいね☆

「まいごのまいごのこねこちゃん あなたのおうちはどこですか
おうちをきいてもわからない なまえをきいてもわからない」

そうそう、迷子なんですよ。子猫ちゃんが。
さらに何を聞いても分からないの一点張りで答えてくれません。
これはまぁ仕方ありません。
子供からすれば親とはぐれたことで不安や寂しさで一杯でそれどころではないでしょう。
でも犬のおまわりさんも困ってしまいます。
で、どうしたかというと子猫ちゃんはにゃんにゃん泣き続け、その隣で犬のおまわりさんもわんわん泣くわけです。
…って、おまわりさんはイッパシの大人ですよね。キミまで泣かなくてもね〜。
泣いている暇があったら各所に問い合わせるとか放送をかけるとか色々と策を練りましょう!
頑張れ、おまわりさん!!

で、2番。

「まいごのまいごのこねこちゃん このこのおうちはどこですか
からすにきいてもわからない すずめにきいてもわからない」

まぁ、一応同じ動物という括りはあっても一応種族というものがあるので、哺乳類のことを鳥類に聴いてもね(笑)
とりあえずは他の猫に聴いてみましょう。
やっぱり猫のことは猫に。そのほうが話が早そうでしょ☆

で、問題はここで終わりということ。
そうなんです。この迷子事件は結局未解決のまま終焉を迎えるわけです。
子猫ちゃんはどうなったんだ?!
もしかして誘拐事件なのか?!それとも育児放棄なのか?!
この子猫ちゃんのその後が気になって今日は眠れないかもしれません。
なんてこったい。

ここまで童謡に思い入れを持って真剣に悩む大人は逆にどうなんだろう?(笑)
長くなりそうなので、とりあえず更新!
続きは次の記事にします☆

|

« 大騒ぎなごみの日。 | トップページ | 童謡に突っ込み・第2弾♪ »

**マタニティライフ♪2~5ヶ月**」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 童謡に突っ込む?!:

« 大騒ぎなごみの日。 | トップページ | 童謡に突っ込み・第2弾♪ »