« ラザニアよ、さらば。 | トップページ | 不名誉の負傷? »

2007年9月18日 (火)

先生、意外とぶっちゃけキャラ?

久しぶりの街中探索から帰宅しました☆
歩けと言われたら、これですよ。
実にわかり易い人間の私(笑)
とりあえず健診が終わったらその足でバスに乗ってブーン!とお昼ご飯&買い物に出かけてきました。
美味しかった☆
今日のお昼はケンタッキー♪
ジャンクフードの香りが漂いますが、夜しっかりバランスのいいものを食べることにしてお昼は食べたかった鶏肉に走りました!

元々鶏肉好きなので、ケンタッキーは大好きです。
しかもつわり最盛期でも何故かケンタッキーだけは食べられたという摩訶不思議現象が。
なぜでしょうか??
ほかにも鶏肉系のものだけは食べられました。
たとえば、ほっかほっか亭のからあげ弁当とか。
どちらも鶏とはいえ脂っこいものなのに、ピンポイントで食べられた貴重な食料でした。

とりあえず行きたかった300円ショップとドラッグストアで予定していた買い物ができたので大満足♪
もれなく朝負傷したやけどの部分に貼る防水のバンドエイドも追加されましたが…でももうかなりよくなって水もしみなくなったので完全復活も間近です☆
あ〜あ、返す返すもラザニアもったいない…(涙)

臨月に入ってから健診が毎週になったので、今日に至っては先生に聞くネタがなくなりいつもより大人しめだった私。
あれこれトラブルが続いてきたので毎回健診では聞きたいことを聞くようにしていたのですが、いよいよいつ出産になっても大丈夫という時期になったらぱたっと聞くことがなくなりました。
気になることはなくはないのですが、もう今更どうってことにはならないのでまいっか!と開き直り状態(笑)

エコーを見ていても画面の見方が随分わかるようになってきて、何も言われなくてもある程度は憶測できるようになりました。
赤ちゃんの頭の大きさや大腿骨かな?の長さなどをエコーの画面上で測ると自動的にこのくらいの大きさだとこのくらいの週数でいつが予定日になるというデータが計算されて出るようになっています。
さすが機械!優秀ですね〜。
先生はてきぱきとそれらを測っていくのですが、私もまた黙っててきぱきと画面を見て悟っていくという見事なチームワーク(笑)
頭の大きさを測った時点で画面では「32週 2007,11,9」と出て、
「おいおい、ちょっと待て〜〜」
と内心突っ込む妊婦。
一体どれだけ遅く産まれるっちゅうねん!!(笑)
いくら小さめだからといって今38週なのにそりゃないでしょう〜と心の声とともにベッドの横の手だけでこっそり突っ込んだら、さすがに先生もおかしいと思ったらしく測りなおしていました。
そうそう、ちゃんと測ってよ!(笑)

大腿骨やらほかのところも測った結果、発育としては2週間遅れくらいでとりあえず今までと同じ結果に。
元々予定日は10月1日ですが、第2の予定日が10月8日なので、エコー上での予定日が10月16日と出るのはいい感じです☆
って、なんのこっちゃ?ですよね(笑)

つまり、母子手帳上の予定日は10月1日。
先生から「訂正まではしないけど(面倒なので)、気持ちとしては10月8日ころになります」と言われているので、実際に正しいであろう予定日は10月8日。
さらに、赤ちゃんが小さめなので、今の大きさを標準に当てはめると36週(10月16日予定日)くらいの大きさに該当する…

ということです。
なのでいつ産まれるか皆目検討がつきません〜!(笑)
そんな感じで予定日自体が2つあったりするのでダーリンも混乱していて、先日役員さんに
「予定日はいつなんですか?」
と聞かれて怪しいことを言っていました。
おいおい、予定日くらいは知っておこうよ(笑)
あとで笑いながら突っ込むと
「おれ、大らかだから♪」
と笑っていましたが、そういうのを大らかっていうんじゃないと思うよ、旦那さんよ〜(笑)
たまに独自の辞書が存在するダーリンであります。

さて、エコーの最中に先生がふと
「○○さんって家この近くなの?」
と聞いてきました。
ん?なんで?
はい、すぐ近くのどこどこです、と答えると
「昨日病棟に来たじゃない?そのとき僕外来にいたんだけど、こっちの機械に病棟のデータが飛んでくるようになってるんだよね。それで飛んできたデータを見て『○○さん(私)、入院したんだ』って思って。で、終わってから病棟に上がったら帰ったっていうからあれ?って」
…先生、突っ込んでもいいですか。とりあえず心の中で。

そもそもね、『入院したんだ』って主治医は先生ですぜ。
普通入院するときは主治医の判断がいるでしょう〜そんな他人事みたいにね〜(笑)
さらに、昨日病棟に行った理由のお腹の痛みについて今日改めて聞かれて
「お腹の張りはそれほどでもないのに痛みだけが続く」
という症状を3回も聞きなおした挙句、
「ん?なんで??」
と聞かないでください。先生が患者に聞いてどうするの〜(笑)
それを聞きたいのはこっちですって〜☆
しかも今までの健診でもお腹の張りがひどいことを言うと
「お腹が張るの?!」
とえらく驚いてみせたりとか…本当に産婦人科医か疑ったこともあるなんてとても言えない…(笑)

そんなお茶目な先生ですが、実はこの病院の産婦人科の主任部長だったりもします。
いいのか、彼で(笑)
本当に何かと予想を裏切ってくれるプリティーな先生です♪

そんな先生は今までいい意味で医者らしい真面目で割と頭の固いタイプかと思っていたのですが、今日は初めてちょっと打ち解けた印象を持ちました。
遅い!遅いぞ、先生!(笑)
もう出産が目の前だから健診はあとちょっとしかありません。
名残惜しいなぁ。
もう少し早くキャラを見せてくれたらもっと安心したこともたくさんあったと思うのに。
何かとトラブルが続いて不安や緊張が多かったのに先生が真面目っぽいので余計に大きなトラブルに思えて益々不安に思うこともありました。
真面目で優秀な先生には変わりないので、下手に気休めを言うことはしないと思うのですが、もうちょっとくだけた感じで言ってもらえたら不安も減ったかも。
ま、何事にも真剣で真面目なところが先生らしいです☆

残り少ないマタニティライフを満喫しつつ陣痛を待つとします!!

|

« ラザニアよ、さらば。 | トップページ | 不名誉の負傷? »

**マタニティライフ♪9ヶ月~臨月**」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先生、意外とぶっちゃけキャラ?:

« ラザニアよ、さらば。 | トップページ | 不名誉の負傷? »