« 雷が鳴ろうとも我関せず。 | トップページ | びっくりな成長! »

2007年10月27日 (土)

やっぱりスポコンなお産☆

ただいま、土曜日の午後5時半。
我が家の光景は…

娘っ子:相変わらずわが道を行く!絶賛爆睡中です☆掃除機の音にも動じない大物っぷり。

夫:台所の流しの下の収納部分に棚を作るべく奮闘中!ホームセンターでベニア板やらあれこれ買い込んで細かい採寸までして結構本格的に作製している模様。

嫁:優雅にローズヒップティー片手にネット中!


…あれ?何かがおかしいかな…?いや、我が家の力関係ではこれが正しい構図のはず(笑)


さて、改めまして、もれなく風邪を引いてしまった管理人です。
はい、引きました!やった〜!(やけ/笑)

仕方ありません。ダーリンも母も風邪を引いてはウイルスをもらわない訳がないというものです。
しっかり潜伏していたようで、一昨日発症しました。
お医者様によると葛根湯なら授乳中に飲んでもいいとのことですが、できるだけ飲みたくないもの。
薬に頼らず頑張るぞ!
ということで、せっせとビタミンC豊富なローズヒップティーを飲んでいます。

以前から風邪を引いたらよく飲んでいるローズヒップティー。
レモンの36倍だったかな?(うろ覚え)くらいの豊富なビタミンCを含んでいるので、私にとっては風邪薬よりよく効きます。
あとは気合で治すのだい!

そうそう、気合といえば、お産も気合で乗り切った私。
というのも、陣痛室から分娩室に移ったときのこと。
少し前までほとんど開いていなかった子宮口ですが、短時間の間に急激に開き始めたものの肝心の赤ちゃんがまだ子宮口から離れた高い位置にいるので、それを下に下げるために立て続けにいきむことに。
お産といえば流れの中で最後の僅かな瞬間までひたすらいきみを逃すものかと思っていたら、私の場合、最初から最後の直前まですべて「はい、いきんで〜!」といきみのオンパレードでした。

おかしいなぁ。
母親学級で見たお産のビデオでも、この病院で前の日に出産されたママさんの声を陣痛室で聞いていても、やっぱり
「まだいきまないで!」
と常に助産師さんや先生に言われていたのに。
結局お産の間にいきみを逃したのは一度きり、しかもあとひといきみで産まれるというときに隣の分娩室で先に経産婦さんから赤ちゃんを取り上げるからいきまずに待っていてと言われて初めて何も分からず適当にいきみを逃しただけでした。
お産もマニュアルどおりにはいかない、人それぞれなんですね☆

そう、そのひたすらいきむ間、さすがに休む暇がないので先生も心配して
「大丈夫?頑張れる?」
と聞いてくれました。
でもいたって冷静な私。
たとえ頑張れません〜と言ったところで、頑張って!というんでしょ?〜じゃあ頑張るよ〜と思いながら
「気合で頑張ります!」
と答えました。
その後も何度か
「大丈夫?」
と聞かれても
「はい、気合で!」
と答える分娩台上の妊婦。
今思えば、何か会話がおかしい気も(笑)
なぜかスポコンな分娩室(笑)

正直、分娩室でのことはそれほど大変でもなかったように思うんです。
一番大変だったのはやっぱり陣痛でした。
最初から5分間隔であっという間に間隔がなくなっていって、あまりに激痛に
「こんなに痛い必要があるんだろうか?」
と痛みと闘いながらもしみじみ思った記憶があります。
それだけ陣痛のほうがつらかった(涙)

いざ、分娩室では痛みもそれほどではなかったし、痛みの間隔が逆に陣痛より長かった気がしたのと、何しろ分娩にかかった時間が短かったので私としてはとても楽だった印象しかありません。
なので、お産の最中も意外と気持ち的に余裕があって、叫ぶことも痛い!ということも1度もなくただひたすら黙々と言われた通りにこなしていました。

隣の分娩室では何度も
「痛い〜!」
とか、痛みで声にならない声などが聞こえてきていましたが、自分の嫁がストイックにひーともうーとも言わずに黙々と先生の指示に従っている姿を見ていたダーリンは出産の感動とはまた別のところで感心したとか。
あとで
「隣は大騒ぎになっているのに奥さんは一度も声をあげることがないから何でこんなに違うんだろうって思ったよ〜普段から真面目だけど、産むのまで真面目だったね(笑)」
と言われました。
真面目な出産だったらしいです(笑)

確かに、いたって真面目でパニックになることもないし、腹式呼吸も落ち着いてしっかりやるし、指示も忠実にこなすしで、先生や助産師さんにとっては扱いやすい妊婦だったようです。
おかげで分娩室は妙に和やかなムード(笑)
途中で先生の
「すごいな〜初産婦さんとは思えないね。初めてにしちゃ上手だよね〜!こんなに上手にできたら楽でいいね。こりゃ早いや!あはは〜!」
なんていう笑い声まで響きましたからね〜(笑)

でも実は事前学習の賜物だったりもするんです。
前の日に出産した妊婦さんの声が陣痛室まで聞こえてきていましたが、終始
「まだいきまないで!」
「目を開けて〜目をつむらない!」
「しっかり深く息をして〜!短いよ〜赤ちゃんが苦しくなるからねしっかり〜!」
と先生と助産師さんに言われていて、余計にパニックになっているようでした。
最後には
「○○さんっ!ちゃんと聞いて!」
と助産師さんのキレ気味の声まで聞こえていました。
それら一部始終を聞いていたから、いきむときは目を開けておくことや呼吸をしっかり保つことが分かって、自分のときに生かせました。
ありがとう!前日の妊婦さん☆
ちなみにこの妊婦さんとはその後、病棟で同室になりました♪

そんな妙に和やかな出産が終わって処置をしてもらっている間もこれまた和やか。
出産直後だというのに先生と世間話していましたから(笑)

そんなこんなで無駄なところで底力を発揮する私でした…でも日常生活であまり役に立たないピンポイントな底力だったりも(笑)
でもこの出産の様子によってダーリンの中で私の株が上がったようです。
よかったよかった☆
それが一番よかった(笑)

あ、風邪は回復してきてあと一息です☆
ひどくならなくてよかった♪

|

« 雷が鳴ろうとも我関せず。 | トップページ | びっくりな成長! »

**子育てちゃんライフ♪0~2ヶ月**」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりスポコンなお産☆:

« 雷が鳴ろうとも我関せず。 | トップページ | びっくりな成長! »